ペニス増大手術の効果・費用などを他の増大方法と比較!口コミも紹介

自分のペニスが小さくて悩んでいる人は意外に多いかもしれません。
そして、そんな人は、ペニスを増大させて自信を持ちたいと考えているのではないでしょうか。

ペニス増大には様々な方法がありますが、
確実に増大させることができるのが、ペニス増大手術です。

ペニス増大手術には、亀頭や竿の部分を増大させる手術があります。
そんなペニス増大手術は、クリニックごとに手術名などが異なり、費用の相場や効果、リスクなどが分かりにくいため、興味があるけれど、いまいちよく分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、今回の記事では、ペニス増大手術について分かりやすくまとめてみました。

ペニス増大手術とはどんなものか?

ペニス増大手術には、ペニスに脂肪を注入したりシリコン挿入したりすることによって大きくする手術があります。その他には、ペニスを長くする手術などもあるのです。

包茎が原因で、亀頭部分の成長が遅れ、先細りのペニスになってしまうことがあります。

そのような状態になってしまうと、包茎手術を受けたとしても先細りのペニスは治りません。
そこでペニス増大手術を受けることで、ペニスの先細りを治すことができるのです。

薬剤を亀頭周辺に注入させる増大手術では、亀頭外周の15%~25%大きくすることができます。亀頭が大きいと女性が感じる快感も大きくなると言われています。

ペニスを増大させることは、自分自身のペニスに対して自信を持つことができるだけでなく、女性を喜ばすことができるのです。

クリニックによっては、手術前にテープ状の麻酔を使い、細い注射針を使って無痛治療を行うことができます。

ペニスが小さいことのデメリット!包茎だと先細りのペニスに

たとえば、ペニスが小さくなる原因として、小さい頃に包茎を直しておかないことが挙げられます。
包茎のペニスのまま、身体の成長が終わる18歳を迎えてしまうと、先細りのペニスになってしまうでしょう。

そのような小さなペニスには様々なデメリットがあります。
ペニスが小さいことによるデメリットを解説します。

女性を満足させられない

一番のデメリットとしては、女性を満足させることができないというものです。
セックスをするときに、ペニスを女性に挿入したときに子宮の奥を刺激することで女性は快感を得ることができます。

しかしペニスが小さいと充分に女性の奥まで刺激することができないため、女性が快感を得ることができないのです。

自信が無くなり、人前で裸になりたくなくなる

ペニスが小さいと自信が無くなり、女性だけでなく男性の前でも裸になるのに抵抗を覚えるようになります。

ペニスが小さいと、女性とセックスするときも、見られているのではないかとおどおどしてしまいます。
それに、温泉やプールに行ったときに、男性に見られるのも恥ずかしくなります。

包茎や早漏になりやすい

小さいペニスは、包茎や早漏になりやすいというデメリットがあります。
包茎だとペニスに皮が被っているので不衛生になりやすいですし、早漏はセックスで女性を満足させることができなくなってしまうのです。

ペニス増大手術で得られる効果とは!?

ペニス増大手術で得られる効果とは、どのようなものがあるでしょうか?

【ペニス増大手術】

ペニス増大の方法 手術
ペニス増大効果 ペニスを2~6cm長く、直径1~2㎝太くできる
勃起力 硬さは変わらないが、勃起を繰り返す事で大きくなっていく。
セックス・オナニーの頻度 ・オナニーの頻度は変わらない
・セックスは、自信が出るので増える
費用 5万円~250万円ほど
ペニスが大きくなるまでにかかる時間 15分~1時間30分
副作用・デメリット ・注入による副作用は無い。
・バイオアルカミドという発がん性のあるものが見つかっているが、現在は使用中止
・手術痕が残る手術もある
安全性 ★★☆☆☆

【補足】
ペニス増大手術は、ペニスの長さを2~6cm長く、直径を1~2㎝太くできます。
ただし、手術の種類によっては感度が鈍るものもあるので、手術を受ける前によく検討する必要があります。

もちろん、ペニス増大手術を受けても、通常通りオナニーやセックスをすることが可能です。
勃起を繰り返し、ペニスを鍛えることで、将来的にさらに大きくすることができるでしょう。

ペニス増大手術にかかる費用は、クリニックによってかなり幅があります。
中には、ペニスを大きくしたいというコンプレックスにつけこみ、高額請求しているクリニックもあるので注意が必要です。

広告には、手術費用が4~5万と載せていても実際に行ってみると、追加料金で大きな金額を請求されるところもあります。
値段が安いからと決めるのではなく、手術内容や信頼のおける執刀医のいるクリニックから選ぶようにしましょう。

ペニス増大手術の種類は、大きく分けて3種類

ペニス増大手術には、主に次のようなものがあります。
・長茎手術
・亀頭増大手術
・包茎手術
それぞれ見ていきましょう。

長茎手術の特徴

手術名 長茎手術
増大の手段  ・ペニスを引っ張り出す
・メスで切る
・ヒアルロン酸の注入
ペニス増大効果 3~8㎝大きくなる
手術にかかる費用 15万~40万
大きくなるのにかかる時間 15分~40分
仕事復帰までの期間 重たいものを持ち下腹部に負担がかかるような仕事でなければその日のうちに復帰可能
効果が続く時間(持続期間) 半永久的
危険性 ・切らない長茎術靭帯法は、痛みが続く後遺症がある場合がある
・切らない長茎術脂肪吸引法の後遺症は、下腹部のぼこつき、出血などがあることがある
その他のこと ヒアルロン酸注入は、吸収される可能性がある。

【補足】
長茎手術は、ペニスの長さを長くする手術になるのです。長茎手術には、切らない長茎手術と切る長茎手術があります。

切らない長茎手術

切らない長茎手術は、体内に埋もれているペニスを引っ張り出すという方法です。
通常時のペニスを3~8cm長くすることができます。熟練の技術により元に戻ることはありません。

切らない長茎手術は、痛みもなく傷跡も残らないのでリスクなくペニスを長くすることができる手術になります。

そして埋もれていたペニスが外に出て、被っていた皮が無くなることから包茎の改善も得ることができます。切らない長茎手術では、事前に診断でどれくらい長くなるかを知ることができます。

切る長茎手術

一方で切る長茎手術は、ペニスの付け根上部を3cm切開し、体内に埋まっている恥骨と癒着している部分を離し、引き出し固定する手術となります。
メスを使いますが、傷跡は陰毛に隠れて目立ちません。
さらに、症状や体型に合わせて、脂肪除去法やVYスキンリガメント法という長茎手術と合わせることができるのです。

脂肪除去法は、脂肪の吸引を行います。
太っていると脂肪の中にペニスが埋もれてしまっている場合があります。
そこで中の脂肪を吸引して、ペニスを引っ張り出すことで長いペニスを手に入れることができるのです。

VYスキンリガメント法は、埋もれている部分が十分にあるが包皮が足りない場合に、下腹部の皮膚をスライドさせます。

このような方法で長茎手術をすれば、ペニスの長さを長くすることができます。ペニスの長さを十分に長いものにすることで、女性の中を十分に刺激することができるでしょう。

亀頭増大手術

手術名 亀頭増大手術
増大の手段 亀頭部分に薬剤を注入
ペニス増大効果 亀頭外周が15%~25%太くなる
手術にかかる費用  5万~40万
大きくなるのにかかる時間 15分~40分
仕事復帰までの期間 ・翌日から復帰可能
ただし、局所は、1ヶ月ほど安静にする必要がある
効果が続く時間(持続期間) ・ヒアルロン酸の場合、半年~1年
・コラーゲンの場合には、50%~70%は残留し半永久的
危険性 ・ペニスがぼこぼこになる
・他の臓器の血管を詰まらせる、というリスクがある
その他のこと 陰茎に薬剤を注入して増大させる手術もある

【補足】

亀頭増大手術は、文字通り、亀頭を増大するための手術です。
亀頭のカリが大きくなると、女性のGスポットを良く刺激することができるため、女性が快感を得やすくなります。女性を満足させたい、という理由で亀頭増大手術を受ける人も多いです。

亀頭増大手術は、カリの部分に薬剤を注射することで、亀頭外周にして15%~25%太くなります。

シリコンなどを亀頭部分に注入するのが、亀頭増大手術ですが、他に陰茎増大手術もあります。
陰茎部分(竿の部分)に脂肪などを注入する手術によって、竿も太くすることができます。

陰茎増大手術のリスクとして、勃起してもぶよぶよのペニスになってしまうことがあります。
また、海綿体まで薬剤を注入してしまった場合、血管が詰まり、ペニスが死んでしまうことがあります。

亀頭増大手術で注入する薬剤は、次のようなものがあります。
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・アクアミド
それぞれ特徴を見ていきましょう。

コラーゲン

コラーゲンは、もともと人体に含まれるたんぱく質の一種。
コラーゲンは、1987年に日本の旧厚生省に認可されているたんぱく質で、その利用に関しては安全性が保証されています。
人体への同化吸収はありますが、濃度、注入部位、注入深度などを調整することで、通常50%~70%は残留し、その効果は半永久的です。

ヒアルロン酸

コラーゲン同様、人体に含まれる成分で、ムコ多糖と呼ばれるものの一種。
吸収されやすいという特徴があります。

アクアミド

97.5%が水分で、2.5%が「ポリアクリルアミドというもので、ソフトコンタクトレンズに使われている成分です。アクアミドは、まだ、安全性が確立されておらず、採用しないクリニックが多いです。

包茎手術

手術名 包茎手術
包茎手術の手段 ・余っている皮を切る環状切開法
・たるんだ皮膚を直接取る亀頭直下法
・ペニスの根本の皮膚を取る根元法
包茎手術の効果 ・環状切開法、亀頭直下法は完全に包茎が治る
・根元法は、皮が残ることも
手術にかかる費用 5万~40万
包茎が治るのにかかる時間 20分~40分
仕事復帰までの期間 数日
効果が続く時間(持続期間) 永久
危険性 ・数日間は、痛みが伴う
・見た目が不自然になるリスクがある
その他のこと 切らない長茎手術により、包茎が改善されることがある

【補足】
ペニスを皮で覆ってしまう包茎を治す手術です。
一般的な包茎手術は、環状切開法というものです。
環状切開法は、余っている皮の中央部分を切開していくというものです。
とにかく包茎を治したいという人には向いていますが、傷跡が残ってしまいツートンカラーになってしまうというデメリットがあります。

一方で傷跡が目立ちにくい包茎手術が、亀頭直下法・根元法です。

亀頭直下法

亀頭直下法とは、たるんだ皮膚を直接取る方法です。亀頭のすぐ下の溝の部分に傷ができるため目立ちにくい手術です。確実に包茎は取れます。

根元法

また、根元法は、ペニスの根本部分の皮膚を取り、前方のたるんだ皮膚を根本に引くという手術です。ペニスの根本部分に傷が残る手術なので目立ちにくいです。効果としては、皮が残る場合があります。

また長茎手術で紹介した方法で、ペニスを引っ張り出すことで包茎が治るというものもあるのです。

包茎のデメリットとしては、亀頭と皮の間に尿が貯まりやすくなり、不衛生な状態にあります。異臭を放つだけでなく、女性にも悪い印象を与えてしまいます。

ペニス増大手術の費用の相場は、5万~252万と幅広い

ペニス増大手術は、病気ではないので公的な病院では受けることができず、保険も効きません。そこでペニス増大手術の費用相場は、4万~76万とクリニックによって差があります。

亀頭増大手術の費用相場

亀頭増大手術は、注入するものの種類によって費用が変わってきます。ヒアルロン酸の場合には、4万~9万が相場です。
さらに持続するスーパーヒアルロン酸などの薬剤の場合には、7.8万~15万円が相場です。

半永久的に持続させることができる薬剤の場合には、13万~21万が相場となっています。

また自分の脂肪を注入する手術の場合には、40万~80万が相場となっているのです。

長茎手術の費用相場

長茎手術の場合には、その方法によって費用が変わってきます。

切らない長茎手術の場合には、10万~32万が相場となっています。切る長茎手術より簡単なため費用が安くなっています。

しかし切らない長茎手術は、痛みが残ったり元に戻りやすかったりというデメリットがあるのです。

切る長茎手術の場合の相場は、30万~76万です。切らない長茎手術よりも高額に設定されています。

手術費用以外にかかるお金

手術費用以外にかかるお金としては、次のようなものがあるのです。

・カウンセリング料、初診代、再診代、抜糸代
・局所麻酔代
・静脈麻酔代
・キャンセル費用
・消費税
・トラブルがあった時の診療代、お薬代

初診代は5000円程度、再診代は、2000円程度が相場となっています。
手術費用に含まれるクリニックも多いです。

局所麻酔代は、手術費用に含まれるクリニックが多いですが、クリニックによっては別途取っているところもあります。その場合は、5,000円程度が相場です。

手術の麻酔の痛みも嫌だ、怖いという人のために、静脈麻酔をして眠っている間に手術を終える方法があります。この場合は、手術費とは別にかかり、相場としては5万円程度です。

注意事項として、終わった後もボーっとするため車の運転をすることはできません。公共交通機関で来るようにしましょう。

キャンセル料金は、予約の2週間前までにすればかからないクリニックが多いですが、前日や当日キャンセルの場合には、手術費用の数十%の費用が取られるのです。

トラブルがあった場合の診察代、薬代は2000円程度が相場となっています。

ペニス増大手術とそれ以外のペニスを大きくする方法の徹底比較!

ペニス増大手術とそれ以外のペニスを大きくする方法について比較してみました。

ペニス増大手術以外でペニスを大きくする方法は、3種類

ペニス増大手術以外の方法でペニスを大きくする方法は以下の通りになります。

・ペニス増大サプリ
・チントレ
・ペニス増大器具・パンツ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

それぞれ

を設けて説明して頂けだければと存じます。
※ペニス増大手術の表でも用いた項目を使ってください。

ペニス増大サプリ

ペニス増大の方法 サプリの飲用
増大効果 長さ :0.5㎝~数㎝
太さ:0.5㎝~1㎝
(数カ月以上の服用期間が必要)
勃起力 改善する
前よりも硬くなる
セックス・オナニーの頻度 オナニー・セックスともに前より頻度が増える
オナニー:1回/週 → 4回/週
セックス:1回週 → 2回/週
(個人差あり)
費用 8000円/月
大きくなるまでにかかる時間 2ヶ月以上
副作用・デメリット 副作用は特になし
デメリットは、
・効果に個人差がある
・効果が出るまでに時間がかかる
安全性  ★★★★☆

【補足】
シトルリンとアルギニンという血流を良くする成分を含んだサプリメントを服用することで、ペニスを増大することができます。

表のデメリットにも書きましたが、増大サプリの効果は個人差があります。
3ヶ月の服用で、5㎝大きくなったという人もいれば、ほとんど大きくならなかったという人もいます。

ペニス増大サプリは最低でも1ヶ月、できたら3ヶ月は服用しないと効果が出てきません。
したがって、効果が出るまで、ある程度の時間がかかることが特徴となります。

チントレ

ペニス増大の方法 チントレによるペニスの刺激
増大効果 長さ:0.5㎝~2cmアップ
太さ:0.5cmアップ
(個人差あり)
勃起力 変化無し
セックス・オナニーの頻度 頻度の変化は無し。
チントレからオナニーをする流れで回数が増えることも。
費用  0円
大きくなるまでにかかる時間 半年~数年
副作用・デメリット 副作用は無し。
デメリットとしては、効果が出るまでの時間がとにかくかかる
安全性  ★★★★★

チントレは、増大サプリと合わせて行うと効果的と言われています。
デメリットにも書いたように、チントレ単独だけではとにかく効果が出るまでの時間がかかるのです。

1㎝大きくするのに、数年かかるということもあるのです。
しかし、安全性からすれば、オナニーと同じようなものなので、とても安全に行う事ができます。

ペニス増大器具・パンツ

ペニス増大の方法 増大器具を装着する
増大効果 長さは0.5㎝~5㎝アップ
太さは0.5cm~1㎝アップ
(個人差あり)
勃起力 器具:変化無し
パンツ:改善する。30%硬さがアップ。
セックス・オナニーの頻度  特に変化なし
費用 1000円~1万円程度
大きくなるまでにかかる時間  3ヶ月以上
副作用・デメリット 副作用は特になし
デメリットとしては、ポンプ系増大器具は、カリの部分に水ぶくれができることが。
引っ張り系増大器具の場合には、ペニスがまっすぐになってしまうことがある。
安全性  ★★★☆☆

【補足】
増大器具はデメリットがあるものの、安全性は確保して利用することができます。
費用も、増大サプリのように飲み続ける必要が無いので、一度購入してしまえばずっと使えるでしょう。

チントレと一緒に行うと効果が出ると言われています。

 

4つのペニス増大方法を徹底比較!

ペニス増大の方法 ペニス増大手術 ペニス増大サプリ チントレ ペニス増大器具・パンツ
増大効果 ・長茎手術では3~8㎝アップ
・亀頭増大手術では、カリ部分が15%~25%アップ。
長さ :0.5㎝~数㎝
太さ:0.5㎝~1㎝
(数カ月以上の服用期間が必要)
長さ:0.5㎝~2cmアップ
太さ:0.5cmアップ
(個人差あり)
長さは0.5㎝~5㎝アップ
太さは0.5cm~1㎝アップ
(個人差あり)
勃起力 変化なし。
手術によっては硬さがぶよぶよになることも。
改善する
前よりも硬くなる
変化無し 器具:変化無し
パンツ:改善する。30%硬さがアップ。
セックス・オナニーの頻度 変化なし オナニー・セックスともに前より頻度が増える
オナニー:1回/週 → 4回/週
セックス:1回週 → 2回/週
(個人差あり)
頻度の変化は無し。
チントレからオナニーをする流れで回数が増えることも。
 特に変化なし
費用 5万円~250万円 8000円/月  0円 1000円~1万円程度
大きくなるまでにかかる時間 5分~40分 2ヶ月以上 半年~数年  3ヶ月以上
副作用・デメリット ・切らない長茎術靭帯法は、痛みが続く後遺症がある場合がある。
・切らない長茎術脂肪吸引法の後遺症は、下腹部のぼこつき、出血など見られる。
副作用は特になし
デメリットは、
・効果に個人差がある
・効果が出るまでに時間がかかる
副作用は無し。
デメリットとしては、効果が出るまでの時間がとにかくかかる
副作用は特になし
デメリットとしては、ポンプ系増大器具は、カリの部分に水ぶくれができることが。
引っ張り系増大器具の場合には、ペニスがまっすぐになってしまうことがある。
安全性  ★★★★☆  ★★★★★  ★★★☆☆

ペニス増大手術とその他の方法を比較してみて、違いは速さと安全性です。
ペニス増大手術は手術が完了すれば増大するので速く大きくなります。

その他の方法は、ある程度の期間が必要になるのです。
チントレに関しては、半年から数年という時間が必要になります。

一方で、安全性からするとペニス増大手術は、信頼のあるクリニックで受けることができるのが前提です。チントレや増大サプリでは安全性が増してきます。

すぐに確実にペニスを大きくしたいという人は、信頼あるクリニックを選べばペニス増大手術がおすすめでしょう。

実際にペニス増大手術を受けた人の口コミ評判・評価はどうなっているのか!?

ペニス増大手術を受けた人の口コミや評判について紹介していきます。

良い口コミ評判

ペニス増大手術を受けた良い口コミについてまとめましょう。

クリニックの口コミ評判

上野クリニック口コミ「上野クリニックには男性のスタッフのみなので恥ずかしくなくてよかったです!

スタッフのみなさんは、きさくな人人ばかりで、『この人たちに仮性包茎の悩みを聞いてほしい!』と感じ、普通なら恥ずかしい質問も無料のカウンセリングで全部聞くことができました。

よくわからなかった、包茎手術の費用もわかりやすく説明してもらえたので手術が終わった後で聞いてた料金と違うとかもなく手術跡もほとんどなく大満足です。」

yahoo!知恵袋の口コミ評判

yahoo!知恵袋一部抜粋
「手術はまったくもって怖いものではありませんでした。
正直私的にはあっという間だったというか、
あれ?
なんだ!全然大丈夫じゃん!!って感じでした。
手術当日まではめっちゃ不安だたし、怖い気持ちでいっぱいでしたが、取り越し苦労でしたww」

ツイッターの口コミ評判

良い口コミは無し

5ちゃんねる(元2ちゃんねる)の口コミ評判

2ちゃんねる口コミ

「確かに説明、手術は丁寧
手術直後は3センチアップ、太さは7mmって感じ
包帯外したら少し縮む感じ
手術後2週間で手術直後のサイズに戻る
その後、勃起薬開始、2週間毎にで3-4mmアップ
現在通常時4.5cm,勃起時2.7cm,太さは1.3cmアップ」

全体的な良い口コミを見ると、思ったよりも手術はあっけなく終わったというもの。そして、しっかりと増大効果を得られているというものがありました。クリニックの口コミは自社の宣伝もかねているので、良いものが集まっているのです。

yahoo知恵袋は、生の良い声が出ているようでした。2ちゃんねるは一番、体験談として詳しく書かれており、何センチアップしたというものも書かれていたのです。

悪い口コミ評判

クリニックの口コミ評判

ABCクリニック

「局部が腫れ、明日でちょうど1週間が経つのですが、ようやく痛みも治まり腫れも
大分引いてきたのですが、結局ペニス自身も腫れの引くのと同時に元の大きさに戻ってしまいました。半年で流れる可能性のあるヒアルロン酸ではなく少し高めの手術をしたのですが残念でなりません。」

yahoo!知恵袋の口コミ評判

yahoo!知恵袋一部抜粋

「ぺニス増大手術 騙されました!!! ぺニス増大手術 鬼頭 増大手術 76万円以上払ったのに 副作用がすごく、すぐにシリコンを外しました。」

ツイッターの口コミ評判

@shotaroooo18

「●メリット ほぼ確実に即デカくなる
●デメリット
お金がかかる
安静期間が必要
失敗が怖い
まぁ何がなんでもって場合にはこれしかないよな」

5ちゃんねる(元2ちゃんねる)の口コミ評判

2ちゃんねる

「傷跡は結構残ってるよ 盛り上がってる
ただ、色の違いはそこまでないから目立たないが」

悪い口コミは、料金が高いのに副作用があったり、元のサイズに戻ってしまったりというものでした。また傷跡が残ってしまうという口コミもありました。

クリニックの口コミは、リアルに元に戻っている口コミがあったのです。yahoo知恵袋は、やはり生の声が書かれているようでした。Twitterは宣伝が多く、口コミは少なかったです。
5ちゃんねるは意外に、悪い口コミは少なかったです。

ペニス増大手術にリスクはないのか?実際に受けた人のレビュー

Sexual Medicine Reviewsに1192人の増大手術を受けた人のレビューとして、手術に満足している人は、20%に見たないという数字があります。海外なので、日本の信頼あるクリニックで受ければ、もっと高い数字になるかもしれません。

理由は、手術後に陰茎が変形してしまったり、短くなったり、勃起不全を起こすというもの。しかしこの記事では、手術を受けるのに440万~550万かかると書いてあります。

日本の状況とは少し違うのかもしれません。それでも少なからず、ペニス増大手術にリスクはあります。十分な説明をしてもらってから、受けるべきでしょう。

ペニス増大手術の主な流れは、8ステップ

ペニス増大手術の主な流れは、次の通りです。

1.問い合わせ・受診予約
2.受診・問診
3.医師による診察
4.お会計
5.治療前の準備
6.麻酔・手術
7.リカバリー
8.術後ケア

それぞれ見ていきましょう。

問い合わせ・受診予約

電話やインターネットから受診予約をします。この際に、クリニックに疑問などを質問することができます。

受診・問診

予約した日に、受診します。最初に問診表に記入をします。

医師による診察

問診の記入が終わったら、医師による診察が行われるのです。診察によって、どのような治療が必要なのかを提案してもらいます。ペニスの状態を見て、希望を聞き、どのような手術がいいか、麻酔が必要かなどの説明をしてもらうのです。この際に、疑問点などを聞くことができます。

お会計

医師による診察に納得いったら、会計に進みます。
クレジットカードや現金払い、銀行振込の他、医療分割なども用意されているところがあるのです。
当日手術することもできますが、場合によってはできないこともあるので、事前に問い合わせるといいでしょう。

治療前の準備

治療前にベッドに横になって、点滴や消毒などを行っていきます。

麻酔・手術

準備が終了したら麻酔を行っていきます。クリニックによっては、眠る麻酔をしてから局所麻酔をしていくのです。その後、手術を行っていきます。

リカバリー

眠る麻酔をした場合には、ボーっとすることがあるので十分に目が覚めるまで待ちます。長い人で30分くらいです。

術後ケア

手術終了時に巻いた包帯を翌々日などに外していきます。(クリニックによって変わります)
消毒や包帯の交換は必要ありません。
術後3日後からシャワーもOKになるのです。手術の糸は自然と取れていきます。

クリニックによっては術後の無料診断を行っているところもあります。日帰り治療が基本となりますが、気になることがあれば、無料再診察を受けることができるのです。

また万が一痛みが出た場合の薬を出してくれるクリニックもあります。

あなたの疑問を解消!ペニス増大手術に関するQ&A

ペニス増大手術に関するQ&Aを紹介していきます。

Q1.亀頭増大手術には入院や通院は必要ありますか?

A1. 入院や通院の必要はありません。
ペニス増大、亀頭増大術は20〜30分程の日帰り治療ですので、手術完了後すぐにご帰宅いただけます。

Q2.亀頭増大手術の注射の跡は残ったり、腫れたりすることがありますか?

A2. 注射直後は赤くなることがありますが、2,3日で無くなります。また、腫れることもありません。

Q3.増大手術を受けて副作用や後遺症が出ることはありますか?

A3. 副作用や後遺症・アレルギーが出ることはありません。経験豊富な医師が行うので、安全に行うことができます。

Q4.セックス・マスタベーションはいつからできますか?

A4. 注入による陰茎増大手術の場合には、治療患部からの感染防止のために、1週間はセックスを控えるようにして下さい。1週間過ぎたら、存分に効果を楽しんで下さい。

Q5.未成年でも増大手術を受けることはできますか?

A5. 可能です。保護者の同意書が必要となります。承諾書を持参されるか、保護者と一緒に来ることで受診が可能です。

Q6.痛みが心配なのですが

A6. マスクの麻酔をして、ウトウトした中で手術を行うことができるクリニックや、点滴で麻酔をしながら眠ってしまうクリニックがあります。起きたら手術が終わっていたという状態ですので、痛みの心配がありません。

Q7.ペニス増大手術と包茎手術を同時に受けることはできますか?

A7. できます。
同時に受ける人は、大勢います。一度に解決しましょう。

Q8.亀頭増大手術を受けると、包茎が治りますか?

A8. 亀頭が大きくなるという手術なので、包茎が治ることはありません。包茎手術が必要になるでしょう。

Q9.60歳を超えていますが増大手術を受けられますか?

A9.もちろん受けることができます。
シニアの方からも大勢受けられています。男性専門なので、安心して受けて下さい。